kei一覧

キャッシングのための「消費者金融の基礎知識」

[PR]

「消費者金融」の基礎知識を学びましょう!

 

 

急にお金が必要になったらキャッシングが便利です!

 ・急に友人の結婚式の2次会が入ったけどお金がない!

 ・急に知り合いのお葬式が入ったけど香典のお金がない!

 ・飲み会に呼ばれたけど財布の中身が…。

こんな状況になって困った経験はありませんか?
どうしてもその月に臨時で出費しなくてはならない場合もあります。
そんな時に大変便利なのがキャッシングです。

キャッシングならば全国どこにいても24時間お金を借りることが
できます。

急にまとまったお金が必要な時、キャッシングならば心配なくすぐに
その場でお金を借りることができます。

もちろん、審査等も30分程度で終わりますので、いままでキャッシングを
利用したことがなくても簡単に利用することができます。

キャッシングを行うならば全国どこでもたくさんのATMがありますので
探し回ることなく借りることができます。

キャッシングの返済方法も、自分のプランに応じて返済することができますので、
すぐに返済のお金がなくても大丈夫です。
急な出費で困ったら簡単便利なキャッシングがおすすめです。

こんな便利なキャッシング、まずは「キャッシングの基礎知識」について知って
おきましょう!
 
 

事前にチェック!消費者金融の申込み条件と総量規制

 

 
 
●各消費者金融(大手・中小共通)でお金を借りられるのは、原則として
「仕事をしている成人」に限られます。

●すでに貸金業者(消費者金融/クレジットカードのキャッシング枠)で
年収の3分の1に達するお金を借りている人は、新しくお金を借りること
が出来ません(総量規制)。

総量規制について

総量規制とは「申込者に対して年収の3分の1を超える融資をしてはなら
ない」と定められたルールのことです。
消費者金融やクレジットカードのキャッシングなど、貸金業法に基づいて
運営されている機関が対象となります。

「消費者金融などの貸金業者は総量規制の対象となります」

総量規制は、申込者がお金を借りすぎることで多重債務に陥るのを防ぐ
ために定められたルールです。

年収の3分の1以上の貸付が原則禁止とされており、年収300万円の人
の場合は100万円以上の融資を受けられません。
 
 

消費者金融の審査基準

 

 
 
消費者金融に融資の申込みをしたからといって、必ずしもお金を借りられるとは限りません。

申込みをした後は、消費者金融側で「この人は返済能力があるか否か」の審査を行います。
審査に通らないと融資は受けられません。

・安定した職業に就いている
・クレジットカード等含め他社の借入れ状況を知る
・総量規制に該当しないかを確認する

などをチェックして総合的に判断していきます。

そして消費者金融の会社毎に、独自の審査基準を定めているのです。

一般的に大手消費者金融の場合は、基準が厳しいです。厳格な基準を設定し、
融資申込みに対して一律ルールに沿って自動的に判断していく傾向があります。

大手消費者金融では、スコアリング審査と呼ばれる方法で、機械的に合否を
判定する方式を導入している傾向にあります。

一方で、中小消費者金融は対面融資が行われていたり、過去に滞納や
自己破産を起こしていても現在の返済能力の有無で融資判断をしてくれたり
する点が特徴です。

中小消費者金融の審査は「人の手で審査が行われている」という事です。

けれど、どの中小消費者金融でも基本的には、返済能力の有無を厳正に
審査しています。
 

中小消費者金融会社を選んでも審査落ちする理由

 
  中小消費者金融会社を選んでも審査落ちする理由

  「他社延滞中、債務整理手続き中」などではさすがに厳しいです。

  信用情報問題について、大手消費者金融より寛容とされる中小消費者
  金融会社ですが、

  ・他社からの借入を延滞中

  ・債務整理の手続きの真っただ中

  といった状況にあると、審査の通過は難しくなります。

  また原則として総量規制の制限に触れている方が、新しく契約を結ぶ
  ことはできません。
 

中小消費者金融の審査に通過するコツ

 
  中小消費者金融の審査に通過するコツは、以下の3点です。

   1.短期間に複数社の審査に申し込まない

   2.融資希望金額を最小限に抑える

   3.申し込み条件を満たしているか確認する

    ・年齢
    ・雇用形態 (パート・アルバイト・専業主婦でも申し込めるか)
    ・勤続年数
    ・配偶者の年収 (専業主婦の場合)
 
 

融資を受けると金利 (年利)や手数料がかかります

 

 
親や友人以外からお金を借りた場合には、原則として返す時には利息を上乗せ
しなければなりません。

お金を貸す金融機関は、この利息で利益を得ているので当然のことです。

借入額に対する月々の利息額は以下の数式にて計算できます。

利息額=借入金額×実質年率×借入日数÷365日

例えば、20万円を金利18%で借りた場合の初回(30日後)の返済額は
次のとおりです。
200,000円×18%×30日÷365日=2,958円
返済する元金に上記の利息をプラスした額が月々の返済額です。

20万円を20回で返済する場合には、
元金1万円+利息2,958円=12,958円になります。

計画的な返済計画を検討するには、消費者金融やカードローンで
あれば公式サイトにある返済シミュレーションの活用がおすすめです。
 
 

借り入れたお金の毎月の返済を滞納・延滞した場合

 

 
借りたお金の毎月の返済日は必ず守らなければなりません。

少し位遅れても大丈夫だろうというのは、とても甘い考えです。

滞納・延滞すると遅延損害金や信用情報にキズが付く可能性
もあります。

返済日に返さなければ翌日から遅延扱いとなり、以下のような
ペナルティが待っています。

・督促がある

返済日に遅れても翌日に連絡をして入金すれば問題はありません。
しかし、2日~3日が経過すると督促が始まります。

最初は登録した自分自身の携帯電話へ、その後、勤務先や自宅への
督促の電話が入り、さらに放置をすれば自宅に督促状が届きます。

・遅延損害金が発生する

返済を遅延すると、遅らせた日数に対しての遅延損害金が発生し、
返済が遅れれば遅れるほど、返さなければならない金額が大きく
なります。

元金に対する遅延損害金の上限利率(年率)は次のとおりです。

10万円未満の上限利率         29.20%
10万円以上100万円未満の上限利率   26.28%
100万円以上の上限利率         21.90%

遅延損害金は、支払日翌日から発生してしまいます。

借りたお金の毎月の返済は必ず守りましょう!
 
 

キャッシングは安全な消費者金融会社の中から選ぶ必要があります

 

 

「安全な消費者金融会社」とは?

 
  ■政府が定めた「貸金業法」に沿って運営している会社である事。

   日本貸金業協会に加盟している会社になります。

 ※日本貸金業協会とは、貸金業法に基づく貸金業界の自主規制機関です。
 

  ■「登録貸金業者」として公的機関に登録されている事。

   日本で貸金業を営むには、登録を行う事が義務付けられています。

   つまり登録がない場合は違法の闇金業者、もしくは登録取り消し
   処分が下された会社ということになります。

 
 

「消費者金融の基礎知識」についてのまとめ

 

キャッシングは正しい知識を持って、正しく使えばとても便利なサービス
です。困った時の強い味方になってくれます。
 

消費者金融で借り入れをする場合、余裕も持って返済出来する事が大前提
となります。
 

返済が滞れば、「個人信用情報」という金融機関が共有するデータに
「ブラックリスト」として掲載され、その後の融資やローンを組むことが
難しくなってきます。
 

無理のない額を借入れするという点は必ず守るようにしましょう。
 
 
キャッシングのための「消費者金融の基礎知識」をお伝えしました!